離婚手続きの方法〜慰謝料・養育費・親権・財産分与〜 

離婚調停成功マニュアル 澁川良幸離婚カウンセラーによる最新ノウハウ

よりよい離婚のための基礎知識、子供の親権者・養育費・面接交渉権、離婚後の本人・子供の戸籍と姓、慰謝料・財産分与・婚姻費用・借金など知りたいことを詰め込みました。

サイトマップ

親権者と監護者

未成年の子供がいる場合は親権者を決める必要がある。



親権には「身上監護権」と「財産管理権」がある。

「新庄管理権」とは子供の衣食住の世話をし、教育やしつけをする権利・義務のことである。

「財産管理権」とは、財産を管理する能力のない未成年にかわって法的に管理し、契約などの代理人になる権利・義務のことである。

親権には、子供の住む場所を指定する、子供が悪いことをした場合、必要な範囲内で戒める、子供が仕事をするときに判断・許可を与える、という内容も含まれる。

子供を引き取った親が通常、親権者・監護者となる。

最近は、親権の取り合いで争うことも多くなっている。

少子化の影響で、夫婦の親までかかわって問題解決が長引くことがある。

その場合、親権から身上監護権の子供の世話・教育の部分の権利と義務を分けて、親権者・監護者に分けることで解決を図る。

親権者ではない親が子供を引き取り、監護権者として子供の日常的な世話や教育を行うことになる。

未成年の子供が2人以上いる場合、それぞれの親権者を決めなければならない。

子供への精神的な影響を考慮すると、兄弟姉妹は同じ親権者であることが望ましい。

子供の年齢や事情によって親権者が別々に引き取るケースもある。