離婚手続きの方法〜慰謝料・養育費・親権・財産分与〜 

離婚調停成功マニュアル 澁川良幸離婚カウンセラーによる最新ノウハウ

よりよい離婚のための基礎知識、子供の親権者・養育費・面接交渉権、離婚後の本人・子供の戸籍と姓、慰謝料・財産分与・婚姻費用・借金など知りたいことを詰め込みました。

サイトマップ

子供の姓・戸籍を変更する

子供の姓を変更するには子供の住所地を管轄する家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立書」を提出し、審判の申し立てをする。



申立人は子供自身である。

子供が満15歳未満の場合は法定代理人(通常は親権者)が申し立てをする。

申し立てには、子供と父または母(子供の戸籍の移動先)の戸籍謄本各1通、手数料(800円の収入印紙)ほか、連絡用の切手代金が必要になる。

家庭裁判所からこの氏の変更許可を得たら、家庭裁判所の審判所の謄本を添えて、市区町村役所の戸籍係に入籍届を提出する。

子供が満15歳以上であれば子供自身が、満15歳未満であれば申立人(親権者)が行う。

子供が満15歳未満の場合、親からの「子の氏の変更許可」申し立ては、親権者(法定代理人)でなければ行えない。

離婚時に親権者と監護者に分けて、監護者が子供を養育している場合は、監護者からの申し立てはできない。

親権者でない親が「子の氏の変更」を希望する場合、親権者に申し立てをしてもらわなければならない。

相手が申し立てをしてくれない場合、変更ができない。

申し立てをどうしてもしたい場合は、「親権者変更の調停」の申し立てをして認められたからになる。

「子の氏の変更」をした子供が満20歳になったときには、満21歳になるまでの1年間に子供自身が今のままの姓でいいかどうかの選択ができる。

生まれた時の姓に戻りたい場合は、戸籍係に届出をすれば戻ることができる。

家庭裁判所の許可は必要ない。

その時、元の戸籍に戻るか自分自身を筆頭者とする新しい戸籍を作るかの選択もできる。

離婚相談付き 柳原弁護士の女性の上手な離婚法
子連れ離婚・熟年離婚の急増
よりよい離婚をするために
離婚の6つの方法
離婚成立までの流れ
協議離婚とは
調停離婚とは
審判離婚とは
判決(裁判)離婚とは
認諾離婚・和解離婚とは
判決(裁判)離婚の場合の離婚原因
不貞行為・悪意の遺棄
3年以上の生死不明・強度の精神病
婚姻を継続しがたい重大な理由
有責主義と破綻主義
離婚届の作成と提出
協議離婚:進め方と協議ポイント
協議離婚:離婚協議書の作成
離婚届の提出を阻止する
調停離婚:調停の申し立て
調停離婚:調停の進行
判決離婚:離婚裁判の進行
判決離婚:判決・和解
弁護士に依頼する
弁護士にかかる費用
未成年の子供がいるとき
親権者と監護者
親権者を決める
離婚後の親権者の変更
養育費を決める
養育費の金額を決める
養育費の支払いが滞ったとき
面接交渉権
子供を連れ去られたとき
離婚後の戸籍と姓
離婚前の姓を名のる手続き
子供の戸籍と姓
子供の姓・戸籍を変更する
離婚後に生まれた子の戸籍
再婚した場合の子の戸籍
離婚に伴うお金
婚姻費用の請求
慰謝料:慰謝料の請求
慰謝料:金額の決め方
慰謝料:第三者への請求
財産分与:財産分与とは
財産分与:分与の割合
財産分与:対象となる財産
財産分与:具体的な分与方法
財産分与:ローン付不動産の分与
慰謝料・財産分与と税金
確実に受け取るために
財産の勝手な処分を防ぐ
離婚と借金
内容証明郵便と利用方法
離婚後に必要な手続き
健康保険の加入・変更
国民年金の種別変更
一人親家庭への支援制度
一人親家庭の優遇制度
仕事探しと子育て
子供の相続権の問題
離婚と子供の心のケア
女性のための離婚の準備
夫の不貞による離婚
夫の暴力による離婚
夫の暴力から逃れる方法
内縁関係・事実婚の夫婦の離婚
熟年夫婦の離婚
離婚時の年金分割制度
国際結婚の夫婦の離婚
離婚に先駆けて別居するとき
■メールサポート付き!離婚調停を圧倒的有利にする77項目完全公開。全198ページ。『離婚からの生還。』
リンク集
離婚でこれ以上涙を流さないために
2010最新携帯機種のロック解除に成功!主婦でもできた!携帯から浮気の全てを暴露!必殺浮気調査マニュアル完全版!離婚、復縁、ダイエット、結婚、恋愛、アフィリエイト、株式、FX、SEO、婚活をしてる人にお勧め
離婚問題を有利に解決する離婚マニュアル

サラリーマンにもあった!節税&資産形成実践マニュアル!
ローン 金利 動向



離婚手続きの方法〜慰謝料・養育費・親権・財産分与〜 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。