離婚手続きの方法〜慰謝料・養育費・親権・財産分与〜 

離婚調停成功マニュアル 澁川良幸離婚カウンセラーによる最新ノウハウ

よりよい離婚のための基礎知識、子供の親権者・養育費・面接交渉権、離婚後の本人・子供の戸籍と姓、慰謝料・財産分与・婚姻費用・借金など知りたいことを詰め込みました。

サイトマップ

離婚に伴うお金

離婚に伴って発生するお金の問題には「慰謝料」「財産分与」「養育費」がある。



離婚間前に取り決めをしなくても離婚はできるが、花支配をするには困難な場合が多い。

公開しないためにお金の問題は離婚前に決めておいた方がいい。

離婚というとまず「慰謝料」を思い浮かべる人も多いが、これは離婚で必ず発生するものではない。

離婚の慰謝料は相手の好意により受けた精神的苦痛に対する損害賠償金のことをいう。

暴力や不倫など配偶者の不法行為によって結婚生活が破たんし、離婚を選ぶしか道がないほどの精神的苦痛に対して配偶者への請求ができる。

したがって結婚生活が破たんした原因が明らかに配偶者にある場合のみ請求ができる。

慰謝料は配偶者だけでなく、配偶者の不倫の相手等、離婚の原因を作った第三者にも請求することができる場合もある。

慰謝料には時効があり、請求できるのは離婚成立後3年以内。

未成年の子供がいる場合は、養育費の支払いは親としての義務である。

たいていは子供が成人するまで、子供と別れて生活する親から、子供を引き取る親に支払われる。

養育費は「扶養費」として子供自身が請求することができる。

婚姻中に夫婦が協力して得た財産を生産するのが財産分与である。

財産分与は慰謝料と違い、離婚の原因に関係なく対象となる財産が有れば請求できる。

どの財産をどのように分けるのかなどを話し合いで決める。

財産分与は離婚成立後2年で請求の権利がなくなる。

「婚姻費用」とは結婚生活を送る上でかかる生活費のことである。

夫婦には婚姻費用を分担する義務がある。配偶者に収入がなかったり少ない場合は収入のある側は生活費を渡さなければならない。

離婚に至るまでの機関に扶養するべき家族の生活費を支払わなかった場合、婚姻費用として請求することができる婚姻費用は同居別居関係なく請求できる。

離婚相談付き 柳原弁護士の女性の上手な離婚法
子連れ離婚・熟年離婚の急増
よりよい離婚をするために
離婚の6つの方法
離婚成立までの流れ
協議離婚とは
調停離婚とは
審判離婚とは
判決(裁判)離婚とは
認諾離婚・和解離婚とは
判決(裁判)離婚の場合の離婚原因
不貞行為・悪意の遺棄
3年以上の生死不明・強度の精神病
婚姻を継続しがたい重大な理由
有責主義と破綻主義
離婚届の作成と提出
協議離婚:進め方と協議ポイント
協議離婚:離婚協議書の作成
離婚届の提出を阻止する
調停離婚:調停の申し立て
調停離婚:調停の進行
判決離婚:離婚裁判の進行
判決離婚:判決・和解
弁護士に依頼する
弁護士にかかる費用
未成年の子供がいるとき
親権者と監護者
親権者を決める
離婚後の親権者の変更
養育費を決める
養育費の金額を決める
養育費の支払いが滞ったとき
面接交渉権
子供を連れ去られたとき
離婚後の戸籍と姓
離婚前の姓を名のる手続き
子供の戸籍と姓
子供の姓・戸籍を変更する
離婚後に生まれた子の戸籍
再婚した場合の子の戸籍
離婚に伴うお金
婚姻費用の請求
慰謝料:慰謝料の請求
慰謝料:金額の決め方
慰謝料:第三者への請求
財産分与:財産分与とは
財産分与:分与の割合
財産分与:対象となる財産
財産分与:具体的な分与方法
財産分与:ローン付不動産の分与
慰謝料・財産分与と税金
確実に受け取るために
財産の勝手な処分を防ぐ
離婚と借金
内容証明郵便と利用方法
離婚後に必要な手続き
健康保険の加入・変更
国民年金の種別変更
一人親家庭への支援制度
一人親家庭の優遇制度
仕事探しと子育て
子供の相続権の問題
離婚と子供の心のケア
女性のための離婚の準備
夫の不貞による離婚
夫の暴力による離婚
夫の暴力から逃れる方法
内縁関係・事実婚の夫婦の離婚
熟年夫婦の離婚
離婚時の年金分割制度
国際結婚の夫婦の離婚
離婚に先駆けて別居するとき
■メールサポート付き!離婚調停を圧倒的有利にする77項目完全公開。全198ページ。『離婚からの生還。』
リンク集
離婚でこれ以上涙を流さないために
2010最新携帯機種のロック解除に成功!主婦でもできた!携帯から浮気の全てを暴露!必殺浮気調査マニュアル完全版!離婚、復縁、ダイエット、結婚、恋愛、アフィリエイト、株式、FX、SEO、婚活をしてる人にお勧め
離婚問題を有利に解決する離婚マニュアル

サラリーマンにもあった!節税&資産形成実践マニュアル!
銀行 定期預金 利率



離婚手続きの方法〜慰謝料・養育費・親権・財産分与〜 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。