離婚手続きの方法〜慰謝料・養育費・親権・財産分与〜 

離婚調停成功マニュアル 澁川良幸離婚カウンセラーによる最新ノウハウ

よりよい離婚のための基礎知識、子供の親権者・養育費・面接交渉権、離婚後の本人・子供の戸籍と姓、慰謝料・財産分与・婚姻費用・借金など知りたいことを詰め込みました。

サイトマップ

離婚と子供の心のケア

夫婦喧嘩を目の当たりにする、父親が家に帰らない、両親が家庭内別居の状態で冷たい空気が流れる。



どんな小さな子供でも、不仲な両親との暮らしには大人が想像する以上の不安を抱いている。

子供は、これからを心配しながら、両親が仲直りして普通の家庭に戻ることを望んでいる。

さらに離婚を目の前にした母の不安が子供に伝わり、精神的に不安定になったり、体の不調を訴えたりすることも少なくない。

一方、母の方は問題が山積している状態で、さらに子供に手がかかるとなると、中には子供に当たる人もいるので、さらに状況は悪化する。

親子共にストレスがたまって心も体も疲れた時は、できるだけ早く、心療内科などを受診したほうがいい。

中には親に気を遣い、一見何も問題なく「いい子」でいる子供もいる。

「いい子」は頑張りすぎているということを知ってほしい。

「いい子」の心にも傷はある。子供にとって離婚は、経験したことのない大きな衝撃である。

将来にわたって大きな傷を残すことの内容に、接していきたい。

心の中で親が離婚をしたのは自分のせいではないかと自分を責める子供もいる。

離婚の際には、理由を説明するのも大事である。

子供の年齢によって説明の仕方は異なるが、子供のせいではない、父母は一緒に暮らせないけど、子供には親で、2人とも子供を愛している、これからの生活も大丈夫である等と、子供に安心感を与える話し方をした方がいい。

また、子供の気持ちに耳を傾けることは大切だが、「どちらの親と暮らしたいか」といった問題を、子供自身に選択させるのは避けたほうがいい。

子供に背負いきれない責任を負わせることにもなる。

離婚相談付き 柳原弁護士の女性の上手な離婚法
子連れ離婚・熟年離婚の急増
よりよい離婚をするために
離婚の6つの方法
離婚成立までの流れ
協議離婚とは
調停離婚とは
審判離婚とは
判決(裁判)離婚とは
認諾離婚・和解離婚とは
判決(裁判)離婚の場合の離婚原因
不貞行為・悪意の遺棄
3年以上の生死不明・強度の精神病
婚姻を継続しがたい重大な理由
有責主義と破綻主義
離婚届の作成と提出
協議離婚:進め方と協議ポイント
協議離婚:離婚協議書の作成
離婚届の提出を阻止する
調停離婚:調停の申し立て
調停離婚:調停の進行
判決離婚:離婚裁判の進行
判決離婚:判決・和解
弁護士に依頼する
弁護士にかかる費用
未成年の子供がいるとき
親権者と監護者
親権者を決める
離婚後の親権者の変更
養育費を決める
養育費の金額を決める
養育費の支払いが滞ったとき
面接交渉権
子供を連れ去られたとき
離婚後の戸籍と姓
離婚前の姓を名のる手続き
子供の戸籍と姓
子供の姓・戸籍を変更する
離婚後に生まれた子の戸籍
再婚した場合の子の戸籍
離婚に伴うお金
婚姻費用の請求
慰謝料:慰謝料の請求
慰謝料:金額の決め方
慰謝料:第三者への請求
財産分与:財産分与とは
財産分与:分与の割合
財産分与:対象となる財産
財産分与:具体的な分与方法
財産分与:ローン付不動産の分与
慰謝料・財産分与と税金
確実に受け取るために
財産の勝手な処分を防ぐ
離婚と借金
内容証明郵便と利用方法
離婚後に必要な手続き
健康保険の加入・変更
国民年金の種別変更
一人親家庭への支援制度
一人親家庭の優遇制度
仕事探しと子育て
子供の相続権の問題
離婚と子供の心のケア
女性のための離婚の準備
夫の不貞による離婚
夫の暴力による離婚
夫の暴力から逃れる方法
内縁関係・事実婚の夫婦の離婚
熟年夫婦の離婚
離婚時の年金分割制度
国際結婚の夫婦の離婚
離婚に先駆けて別居するとき
■メールサポート付き!離婚調停を圧倒的有利にする77項目完全公開。全198ページ。『離婚からの生還。』
リンク集
離婚でこれ以上涙を流さないために
2010最新携帯機種のロック解除に成功!主婦でもできた!携帯から浮気の全てを暴露!必殺浮気調査マニュアル完全版!離婚、復縁、ダイエット、結婚、恋愛、アフィリエイト、株式、FX、SEO、婚活をしてる人にお勧め
離婚問題を有利に解決する離婚マニュアル

サラリーマンにもあった!節税&資産形成実践マニュアル!
三菱 金利



離婚手続きの方法〜慰謝料・養育費・親権・財産分与〜 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。